赤ちゃんのお肌を守る|専用の洗濯洗剤を使おう

成長に合わせて変えられる

お母さんと赤ちゃん

子供の成長に合わせて付け替えなければならないチャイルドシートは、最近ではレンタルが可能です。レンタルショップを利用する際には、シートの衛生面や安全性をしっかりチェックしているショップを利用することをおすすめします。

もっと知ろう

肌が弱い子供のために

お母さんと赤ちゃん

専用の洗剤を使う

生まれたての赤ちゃんは、皮膚がとても薄く、ちょっとした刺激に対しても炎症を起こしてしまう場合があります。特に衣類については、毎日肌に触れるものですので、清潔に保つ必要があります。また、赤ちゃんは汗っかきだったり、ミルクなどを吐いたりすることが多いので、しっかりと洗濯で汚れを洗い落とすことも大事です。最近は、赤ちゃんの衣類専用の洗濯洗剤も売られるようになりました。一般の洗濯洗剤よりも刺激が少ない成分で作られていながらも、汚れはしっかりと落とすという特徴があります。ドラッグストアやホームセンターなどでも売られていますので、しばらくは赤ちゃん用の洗濯洗剤を使うと安心です。そして、大人の服とは別々に洗って、菌が写りにくい環境を作るのも大切です。

必要に応じて手洗い

赤ちゃん用の洗濯洗剤を使うことは大事ですが、時には汚れが頑固である時があります。そのような場合、固形の石鹸などで手洗いをすると便利です。固形の石鹸は、洗濯の汚れをピンポイントで綺麗にしてくれます。離乳食が始まると、食べこぼしが増えてきます。そのような時には備えておくと便利です。なお、衣類についてですが、肌の弱い赤ちゃんですので、特に肌着は綿100パーセントのものを選ぶと良いです。中には、さらに品質の良いオーガニックコットンを使ったものもありますので、赤ちゃんの肌の状態を考えて選ぶと良いです。ある程度肌がしっかりしてきたら、徐々に大人の衣類と一緒に洗えるようになります。湿疹が無いかなど、様子を見て移行していくのが大事です。

ミルクボトルの特徴

笑顔の乳児

哺乳瓶は同じように見えますが、赤ちゃんが飲みやすい形状や持ちやすいサイズ、毎回必要になる消毒がしやすい素材かどうか、ミルクを作るときに入れやすいか、冷めやすさなど特徴がいろいろあります。複数使い分けている家庭も多くあります。

もっと知ろう

赤ちゃんの肌トラブル

親子

乳児湿疹には多くの種類があります。新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹は皮脂の過剰分泌が原因なので、肌の清潔を保つことが大切です。乾燥性湿疹は保湿に気を配り、アトピー性皮膚炎はアレルギーの原因を取り除いてケアします。

もっと知ろう