赤ちゃんのお肌を守る|専用の洗濯洗剤を使おう

赤ちゃんの肌トラブル

親子

皮脂の過剰分泌

生後2〜3か月の赤ちゃんの肌にできる湿疹には、さまざまな原因があります。全部まとめて乳児湿疹と呼んでいますが、それぞれに違う性質を持っています。乳児湿疹の中でも比較的多いのが、新生児ニキビと乳児脂漏性湿疹です。赤ちゃんは全般に新陳代謝が盛んで、特に新生児は母親から女性ホルモンの影響を受けているため、汗や皮脂が過剰に分泌されます。この皮脂が毛穴に詰まって乳児湿疹の原因になります。新生児ニキビや乳児脂漏性湿疹を治療するには、入浴の際に肌をしっかりと洗うことが大切です。ただし刺激の強いボディーソープは避け、ガーゼなどの柔らかい布で優しく擦る必要があります。肌に傷がつくと細菌に感染し、湿疹が悪化することもあります。

アトピーの場合も

女性ホルモンの影響が薄れると、逆に肌が乾燥してくる場合があります。これは乾燥性湿疹の原因になります。乳液やクリームで保湿に努めることが、主なケアの方法になります。赤ちゃんが痒がって引っ掻かないように注意が必要です。乳児の肌は大人よりも角質層が薄く、いろいろな刺激に弱いという特徴があります。そのためアレルギー反応を起こしやすく、アトピー性皮膚炎やおむつかぶれが現れます。対策としてはアレルギーの原因となる物質を取り除くことが最も大切です。ダニやペットの毛のほか、食物アレルギーを起こしている可能性もあります。乳児湿疹は生後1年ぐらいまでには自然に治癒することが多く、それほど心配はいりません。しかし症状が重かったり長引いたりするようなら皮膚科を受診しましょう。